天然うなぎ

大川三川屋 天然うなぎ

天然うなぎ

 大川の天然鰻、それは「筑紫次郎」が育てた“味の宝物”です。

 「筑紫次郎」すなわち筑後川の源は、熊本・阿蘇。その清冽な流れは、大分から福岡をうるおし、佐賀を下って、有明海にそそぎます。その下流に、清らかな淡水と有明海の豊かな海水がほどよく混じりあう奇跡の場所があります。そこでとれる翡翠の鰻。それが、大川の天然鰻です。

 顔はいくぶん細めで、なんとも上品。緑色を帯びたしなやかな姿から「アオ」とも呼ばれています。別名「べっぴんさん」。それも、その美しさゆえの愛称です。

 江戸時代、この鰻は、筑後地方が誇る貴重な特産品として各地に送られました。当時、領外への移出を「旅出し」と呼んでいたことから、大川ではこれを「旅出しうなぎ」と名づけています。

 ほどよい歯ごたえ。クセのないまろやかな風味の奥にある深い味わい。その天然鰻ならではの味は、調理法を選びません。白焼が、うまい。鍋も、いい。もちろん、蒲焼は絶品。

 大川が誇る格別の味をお楽しみください。


天然うなぎお取り寄せ

白焼き

天然うなぎ白焼き

蒲焼き

天然うなぎ蒲焼き

料金表

内容量 白焼き(税別) 蒲焼き(税別)
150g 4,000円 4,200円
200g 5,000円 5,200円
250g 6,000円 6,300円
300g 7,000円 7,300円

送料はこちらをご確認ください。


conf_unagi

●「べっぴんコンフィ」は、筑後川の天然うなぎをオイル漬けにしたものです。コンフィとは、フランス料理の定番。旨味と風味を損なわない保存食として、古くから親しまれてきました。このフレンチの知恵と日本料理の匠の技が、ボトルのなかでとけあっています。
●うなぎの味をつつみこむのは、なたね油とオリーブオイルをブレンドしたもの。天然うなぎのエキスをたっぷり含んだこのオイルもまた絶品です。うなぎを召し上がったあとは、このオイルがさまざまな料理で大活躍。パスタやサラダ、さらに炒め物から和え物まで、お好みにあわせてお使いください。

confi

べっぴんコンフィ 2,160円 (税込) 固形量70g、内容総量140g


べっぴんコンフィ 和 大川三川屋
芽生えの春。
それは、新しいおいしさとの出会いの季節でもあります。

たとえば、水菜やルッコラ、ビーツ、クレソンなどの新芽だけを集め、ほどよい大きさにカットした「べっぴんコンフィ」を合わせてみましょう。
素材の味を引き立てるのは、コンフィのオイルにバルサミコ酢を加え、黒コショーで味をととのえた特製ドレッシング。

冷やした白ワインがあれば、春の贅沢なひとときのはじまりです。


本当においしいものをおいしく味わう。
そのためには、手をかけすぎないことです。

たとえば、「べっぴんコンフィ」にラディッシュやクレソンといった少し苦みのある野菜を添えてみる。
それだけで、コンフィの濃厚な風味が引き立ちます。緑と赤。そのあいだに、さりげなく白。色あいも鮮やかな夏の一品です。
縁側で南風に吹かれて過ごすひととき。

冷たい日本酒とともに、素朴な味をお楽しみください。

べっぴんコンフィ 素 大川三川屋

べっぴんコンフィ 炙り 大川三川屋
ゆったりと時間が過ぎる秋。

この季節に、「べっぴんコンフィ」にぜひかけてほしいひと手間は炙(あぶ)りです。
身をとりだして火にかけ、直火で軽く炙れば、表面はほどよく硬く、なかはほんのりとやわらかに仕上がります。
お好みでレモンやカボスなどをしぼれば、趣も豊かな秋の一品の完成。

「香ばしさ」から「まろやかさ」へとつづく味覚のグラデーションをお楽しみください。


confit_ni
寒い冬の夜は、煮物の出番。
フライパンや土鍋を取り出して、オイル煮をつくってみましょう。

コンフィに合わせるのは、色も鮮やかなトマト。その酸味とコンフィの深い味わいがほどよく混ざりあって、独特のスープができあがります。お好みで、シイタケやシメジ、マッシュルームなどを加えてみるのもいいでしょう。

ワインはもちろん、パンとの相性も素敵な“温かいおつまみ”の完成です。


三川屋は、天然(旅出し)うなぎの会席料理もご用意しております。

天然(旅出し)うなぎの会席はこちらから →

お取り寄せについて

天然もののため、お電話でのみご注文承ります。

送料

  • 九州・中国: 900円
  • 四国・関西: 1000円
  • 北陸・東海: 1100円
  • 信越・関東: 1200円
  • 東北: 1300円
  • 北海道: 1600円